ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

マイナー「南蛮BUNGO交流館」

 

f:id:masa550427:20190531233357j:plain

大分市報より

 大友宗麟と言っても

全国規模ではないと思います。

 

ああ 大友宗麟

大友屋敷の正式な発掘調査が

始まってまだ20年しか経って

いません。

 

今でも大友宗麟は大分の一部

の人にしか興味を持たれて

いないと思います。

 

全国的に言えば戦国大名

そんな人もいたよな程度にしか

知られていないと思います。

 

大分の人達に、大友宗麟って

どんなことをしたのって

聞いたなら

 

キリシタン大名だった。」

 

くらいの答えしか返ってこない

のではないかと思っています。

 

大友宗麟は今でも、大分の一部の

人にしか興味をもたれていません。

 

メジャーではないよ

 

高知では坂本龍馬ミュージアム

が建てられています。

 

長崎では長崎まちなか龍馬館が

建てられています。

 

高知や長崎の坂本龍馬みたいに

メジャーでは無いですが

 

大分では

南蛮BVNGO(ぶんご)交流館が

2018年9月に移転オープンしました。

 

まだ庭園コーナーは出来ておらず

建物だけの開館です。

 


We went to Nanban Bungo Koryukan in Oita in Japan. 南蛮BUNGO交流館に行ってきました。

 

実は自分(わたし)もまだ1回も

行った事がありません。

 

2011年に大友宗麟の集いの

 

「大おもて会」の写真スタッフ

ボランティアとして働いていた

 

歴史好きな私が行ったことが

無いくらいですので

 

残念ながら大分の市民とは

今も大友宗麟が直結して

いないのだと思います。

 

やはり温泉か

 

他県から人が訪れた場合に

大分市内どこに行けば良いと

聞かれたら

 

大分市内」で徒歩圏内で

「ここに行ったらいいよ」

というところがすぐに思いつきません。

 

大分市内の観光スポットは

 

府内城址公園や遊歩公園

 

県立美術館、市立美術館

などがありますが

 

大分にしかないというような

場所ではないように思えます。

 

南蛮BVNGO(ぶんご)交流館

がオープンして市内にあるので

 

観光スポットになればと

思っています。

 

観光ではありませんが

市内に立ち寄り温泉が

たくさんありますよ。

 

もし、時間があれば温泉に

行って下さい。

 

ビジネスホテルも温泉付きが

たくさんあります。

 

これは、流石、「温泉県大分」

たる所以です。

 

大分の観光名所

大分市内から少し離れれば

 

買い物ならパークプレイス

食べものなら「関アジ」「関サバ」

の佐賀関

観光地はと聞かれたら

高崎山」「うみたまご」 

 

などがあるのですが

駅からタクシーで行くのには

少し距離があります。

 

f:id:masa550427:20190531214029j:plain

別府湾が見える丘

 

大分市内の徒歩圏内や

タクシー1メーター圏内で

なかなかお勧めできる

 

歴史的文化財や名所旧跡

観光名所が思い浮かびません。

 

南蛮 BVNGO(ぶんご)交流館

 

大分県にきたら絶体一度は

南蛮BVNGO(ぶんご)交流館

に行ってみたいという場所には

 

残念ながら全くなっていません。

 

でもネーミングはインパク

があり、最高で大分らしくない

センスだと思います。

 

大分市内に是非行ってみたい

というところが一つでもあれば

 

大分市が九州観光の通過点で

なくなるような気がします。

 

f:id:masa550427:20190531220117j:plain

別府湾

高崎山」「うみたまご

を見学して

 

大分市に泊まって

関アジ関サバを食べて

 

南蛮BVNGO(ぶんご)交流館

に行って

 

湯布院や長湯温泉に泊まって

 

阿蘇や九重を通り熊本、福岡に

一泊するというような

 

観光ルートの中に組み入れ

られると大分市への観光客も

増えていくと思います。

 

「温泉県」

「関アジ。関サバ」

「南蛮BVNGO(ぶんご)交流館」

 


長湯温泉 ラムネ温泉館 泡に癒やされる炭酸温泉と家族風呂 猫のいる美術館 日帰り温泉

 

という3本柱になれば

大分市ももう少し全国的に

知られてくるのではと思います。

 

今日は土曜日

「南蛮BVNGO(ぶんご)交流館」

 

にいつものアイキャッチ画像の

バイクに乗って

 

写真を撮りに行って来ます。

 

 

有名になるには 

もう少し時間がかかりそうです。 

 

果報は寝て待て

待てば海路の日和あり

https://