ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

大分の別府市熱いのは温泉だけじゃない

f:id:masa550427:20190615022949j:plain

別府湾が見える丘別府

別府市が熱いのです。

熱いのは温泉だけではありません。

 

ホテルが増加 

ホテルがたくさん建つ予定です。

 

ANAインターコンチネンタル別府

リゾート&スパ

 

星野リゾート 界 別府

 

アマネク別府(仮称)

 

杉乃井ホテル新館

 

今日大分の民放の6時のニュース

別府市に10以上建設される

予定と放送されていました。

 

別府市の誇れる事

確かに別府と言ったら温泉と地獄

しか無いというイメージです。

 

確かにその通りだと思いますが

 

もう一つ大きく日本でも胸を張って

誇れることがあります。

 

f:id:masa550427:20190615023602j:plain

 

誇れる留学生の数

 別府市統計

H29年の別府市の人口は

118,761人です。

JASSO統計

立命館アジア太平洋大学(APU)

の留学生の数は2804人です。

 

市民の42人に一人が留学生なのです。

 

平成30年大分県統計

大分県は人口10万人あたり317人

が留学生で日本で2位の記録です。

 

APUの職員や教員や他の外国人の方

を計算すると42人に一人より

まだまだ比率は高くなると思います。

 

国際都市でも大分県

この数字は日本の中でも国際都市

と呼んでもいい数字だと思いますが

 

しかし、別府の町はAPU以外は

あまり国際色は無いような

気がします。

 

ヨーロッパの広場に噴水があって

その周りに人が集まっている

という雰囲気は全くありません。

 

昔ほどでは無いですが、温泉旅館の

浴衣を着たおつちゃん達が

 

歩いているという雰囲気が駅前は

漂っています。

 

どちらかと言うと日本の温泉場と

いうイメージの方が強いと思います。

 

 

f:id:masa550427:20190615023245j:plain

湯布院

 

まだ湯布院の方がヨーロッパの温泉場

のイメージを持った町だと思います。

  

思い出の町になる

しかし、別府もこれから変わって

行くかもしれません。

 

それとAPUで育ってくれた留学生の

人達が大分県別府市を皆に紹介

してくれると思います。

 

毎年約1000名弱の留学生が

母国に帰られて行くのです。

 

彼ら(彼女ら)は母国やその他の

都市で働いたり結婚して

 

その時に別府が彼らの故郷の一つ

になっている可能性もあります。

 

もし、別府で良い思い出があれば

きっと一人の留学生の方から

何百人に彼らの言葉は伝わって

行くでしょう。

 

みんな帰っておいで

家族や友人を連れて又帰って

こられると思います。

 

10年で1万人の人が巣立って行けば

何百万人に伝わって行くのでしょうか。

 

この小さな国際都市が色んな人の力

によって国際都市に変わって行くのです。

 

温泉と地獄という今までの観光と

ホテル&リゾートを組み合わせた

国際的な温泉都市に変わって行く

今が過渡期なのかも知れません。

 

やはり大分県は温泉県なのです。

 

 

今日の一言

 

作詞アレスシスコムフォト

一人の手より抜粋

 

一人の人間はとても弱いけれど

みんながみんなが集まれば強くなれる

 

日本では本田路津子さんが歌っています。

 

https://