ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

もう一つ、秘訣、お知らせします

f:id:masa550427:20190504135637j:plain

大分川堤防

昨日、施主支給の事を書かせて頂いて

かなり驚かれていましたので

もう一つ、秘訣お知らせいたします。

 

あくまでもこれは自分(わたし)の私見

なので、もし、実行される場合は

ご自分の判断でよろしくお願い致します。

 品物にはランクがある

例として

LiXiLのシステムキッチンにします。

リクシルのシステムキッチンには

良く使われるバージョンとして

アレスタ、リシェル、シエラがあります。

 

リシェラとシエラを例にとって

ご説明させて頂きます。

 

シエラは廉価バージョン

リシェラは高級バージョン

と思って下さい。

 

中間にアレスタがあります

 

価格を選ぶか装備を選ぶか

シエラは廉価版なのでリシェルより

装備はかなり劣ります。

 

しかし、その装備は便利と言うだけで

無くてはならないものではありません

 

贅沢さを買うか、シンプルさを買うか

と思われて下さい。

 

まず、一番頭に入れておかなければ

いけないのが、施主支給会社の

値引き率です。

 

施主支給会社のホームページには

シエラの値引き率が68%と

出ています。

 

リシェルはホームページに

出ていないので施主支給会社に

見積もり依頼すると

値引き率が44%でした。

 

リシェルはリクシルのメインなので

やはり値引き率がよくありません。

 

オプションで機能を高める

ここからが安く購入する秘訣です。

 

1.リクシルのショウルームに行き

 リシェルに自分が欲しい

 オプションを付けて

 見積もりをもらって下さい。

 

2.シエラに自分が欲しい

 オプションを付けて

 見積もりをもらって下さい

 

 リシェルに合ってシエラにない

 機能がありますので

 それは諦めて下さい。

 

 どうしてもその機能が無ければ

 いけないのなら

 リシェルを44%の値引きで

 購入してください。

 これでも十分安いと思います

 

 諦めないといけないシステム

・斜めに飛び出す収納

・収納の中のシェルフとストッカー

・セラミックトップカウンター

・扉カラー

・クローゼット・家電タワー

・ステンレスキャビネット

 などなどです。

 

これは無くてはいけないもの

と言うより「ある」とより便利

と考える人に向いています。

 

3.あとリシェルに入れた機能

 を全てシエラに付けて下さい

 

 例えば、電動棚、簡単フード

 前面化粧パネルなどです。

 

 かなり装備は充実してきます。

 

35万円を大きいと思うか思わないか

 リシェルとの価格差は

 この時点で20万円以上でると

 思います。

 

 シエラの見積もり書を

 施主支給会社にメールで送ります。

 そうするとメールで見積もり価格が

 2~3日後に送ってきます。

 

4.施主支給会社からシエラの

 見積もりがでてきます。

 

多分、ここで驚かれると思います。

 

リシェルとシエラの価格差が

定価は20万しか変わらなかったのに

35万円以上変わっていると思います。

 

商品で値引き率が違う

値引き率

シエラ  68%

リシェル 44%

の差です

 

人気の主力商品は値引き率は

当然低くなります。

 

人気の廉価商品はよく出るので

値引き率も高くなります。

 

システムキッチンは機能を充実

させると約150万円の価格になります。

*(設置費用込みなので値引き率変わります)

 

シエラ定価 130万円 50万円

リシェル定価150万円 85万円

 

どちらを選ぶか迷うところです。

 

同じようにアレスタでも見積もりを

とられると中間あたりの値引き率が

出てくるかもしれません。

 

迷ったらテンションが上がる方を選べ

         伊香賀 平

公認会計士、不動産投資家、

ソフトバンクグループ公認会計士

 

 

 

https://