ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

「施主支給」は魔法の言葉

f:id:masa550427:20190513050857j:plain

博多駅

いつも訪問有難うございます。

 

昨日、福岡まで施主支給の件で

業者さんに会いに行きました。

 

その時に思った事を書いておきます。

あくまでこれは自分の判断ですので

読まれる方はご自身で判断して下さい。

 

施主支給とは

施主支給という言葉はご存知でしょうか。

聞きなれない言葉で、近頃は普及して来ましたが

10年前、前住んでいたマンションをリフォームする時に

施主支給して、システムキッチン

ユニットバス、トイレ、洗面台などを

施主支給で購入しました。

 

その頃はまだ、施主支給という言葉が

世の中に浸透しておらず施工業者さんを

探すのに大変苦労しました。

 

施主支給とは何ぞやというと

工務店さんを通さずに直接、卸業者さん

から購入することです。

 

メリットは価格を安くすることです。

デメリットは少し面倒くさいだけです。

 

施主支給は普及している

今は、10年前と比べて段違いに便利になって

取扱業者さんも大きくなって安心できます。

 

DIGIDAY より抜粋

アメリカなどではザ・ホーム・デポという会社があり

住宅・建築資材の小売りチェーンで

前年比売上6.2%伸びている。」

 

「この業界にはアマゾンも積極的にはまだ

参入していないので、生き延びている。」

 

日本も同じで、住宅業界も非常に複雑な

仕組みになっています。

 

f:id:masa550427:20190513052243j:plain

博多駅周辺渋滞

2重利益は間違い

例えばホームセンターで釘を買ったとします

1本10円でしたが、これが家を建てる時に

施工業者さんから買うと20円になってしまいます。

 

中間マージンの10円が何故発生するかが

複雑な仕組みという事です。

 

施工業者さんは、家を建てる工賃の他に

倍の利益を取る事になります。

 

これが釘でしたら施工業者だけでなく

ホームセンターで買えますが

システムキッチンだとどうでしょうか?

 

もし、安く購入しても、誰が取り付けて

くれるのでしょうか?

 

設置しなければいけないし

配管しなければいけないし

施工業者さんに頼むしかないのです。

 

設置業者さんがNOと言えば

買っても取付が出来ないのです。

 

設置業者が高いと思って

 

直接販売店さんに行っても

 

その地域の全ての販売店さんで

見積もりが価格がほとんど一緒

だったらどうする事も出来ません。

 

f:id:masa550427:20190513052114j:plain

福岡掲示

正当な価格を勝ち取る

そのシステムを変えていったのが

施主支給という制度です。

 

インターネットの普及により全国から

どこでも商品が発注できるように

なったのです。

 

地方が高くて販売店の価格が一緒なら

東京や大阪の業者に直接頼んで

 

施工業者さんも手配してもらえば

いいやという事になってきたのです。

 

施工業者さんも若い独立したての

人であれば、今までのしがらみも

 

ほとんど無いので、

 

東京や大阪の業者さんの

仕事を受けてくれるようになり

施主支給が広まって来ました。

 

本当は驚くほど安い

どれくらい安くなるか、驚く価格です。

一番安いものだと72%割り引きになります。

 

28%割引でなく72%割引ですよ。

これは、ホームページに出ている価格で

交渉した価格ではありません。

 

それも古い商品でなく今出回っている

商品がこの価格で販売されているのです。

 

今から家を建てられる方や

リフォームされる方に安くする

魔法の言葉を教えます。

 

 

魔法の言葉

 

施主支給できますか?」

 

この一言が値段を下げる魔法の言葉です。

 

でも施工業者さんはそれに関して

かなり反論してくると思います。

 

その場合はホームページで「施主支給

で探してみてください。

 

施主支給を扱っている業者さんが

最初に出てくると思います。

 

かなりホームページは派手で驚かれる

とは思いますが、そこによく見ると

いろんな施主支給の価格が載っています。

 

それが参考になると思います。

 

施工業者さんに言われた反論を

その会社の方に電話で

相談してみて下さい。

 

問題は思った以上簡単に

解決すると思います。

 

あくまでも自分の体験談です。

 

 

 

https://