ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

太陽光発電 9.9KW がベストだ!!(後編)

 

f:id:masa550427:20190420001519j:plain


太陽光発電で確実に利益を確保しながら

自宅で使用することがベストです。

 

 

発電量9.9KWの意義 

 

私が9.9kwをお勧めするのは、

 

1kwの単価が5KW以下とでは

全然違うという事です。

 

もちろん、電力会社の買取価格は

9.9kwも5kwも同じです。

 

ただ、9.9kwにするメリットは

まず、太陽光のシステムが安く買える

という事です。

 

価格に関しては地域差があると

思いますのでこれが標準では

ありません。

 

制限容量10KW未満は10KW未満ではない

 

私が経験した事を書いていますので、

参考程度にお読み下さい。

 

5kw以下だとkw単価が利子込みで

34万円/kwになります。

 

9.9kwだと20円/kw以下に

なりました。

 

何故か?

この大きな違いは

パワコンの能力を

 

大きく使っているか

小さく使っているかで

 

大きく変わります。

 

パワコンが5kwだからと言って

5kwまでしか使えないことは

ないのです。

 

10kw未満も同じことが言えます

パワコンか太陽光パネル

どちらかが

10kw未満であれば良いのです。

 

どちらか一方が10KW未満であればOK 

 

十分1.5倍の能力はでます。

 

パワコンの能力が5kwであれば

7.5kwまでは、大丈夫です。

 

例えば、5kwのパワコンを付けた

太陽光パネル7.5kwを載せれば

 

170万円の価格だった5kwの太陽光が

7.5kwで170万円に変わります。

 

34万円/kwが、約23万円/kwに変わります。

 

9.9kwにするとパワコンは1台増えますが、

架台の料金や取付費は

同じなので、パネルは交渉によって

下げるとすると270万円くらいでは

交渉できます。

 

それで、太陽光パネルは14.8kwを載せます。

 

すると約20万/kw以下で購入できることになります。

 

 良い業者が安くできる

後は、交渉次第ですが、この単価が

目安になると思います。

 

これは、あくまでも、私が考えた計算の

目安なので実際の価格はご自分で交渉する

ことは必要です。

 

太陽光発電の10kw未満は

太陽光パネルの容量か

パワーコンの能力がこれ以下

であれば良いということです。

 

パワコンの能力が5kwと言っても

間違いなく1.5倍は能力は

あるということです。

 

よく、建て売り住宅で、

太陽光4.5kwを載せていますが

本当は8KW位までは

載せれるという事です。

 

実際に9.9kwの能力のパワコンに

14.52kwの太陽光パネル

載せた時の見積書です。

 

f:id:masa550427:20190420115556j:plain

 

5kwと9.9kwでは

 

年間発電量が、かなり違います。

 

もう一つの問題解決策は、

きちんとこのような事を

説明してくれる業者さん

を探すことです。

 

きっと良い仕事をして頂けると思います。 

 

 

 

 

https://