ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

太陽光発電 9.9KW がベストだ!!(前編)

 

f:id:masa550427:20190420001519j:plain

 

平成19年度の太陽光売電価格

 

売電価格(10kw未満)   

 

買取価格  売電価格        売電期間

出力制御対応機器  24円/kwh  10年

設置義務なし

      

出力制御対応機器  売電価格       売電期間

設置義務あり   26円/kwh     10年

 

 

10年間で儲けは出るのか

 

この価格で今年度は買取になりますが

この価格で10年間で利益は

出るのでしょうか?

 

利益の事は考えていないと

言う方もいらしゃると思います。

 

10年経ってから儲けがでるから

いいや、と言う方も

いらしゃると思います。

 

しかし、利益がでなければ、

電力会社とガス会社から

買えばよい事です。

 

いくら返済すればいいの?

 

もし、太陽光発電システムを

5KW 150万円で購入した場合

10年間でローンで

返済しようとすると

 

年間2%の金利で借りた場合

総額170万円位、

返すようになると思います。

 

年に17万円以上の利益が無ければ

黒字にはならず、電力会社とガス会社から

購入した方が良い事になります。

 

利益を出すためには

 

私は、9.9kwの太陽光発電

付けるつもりでいます。

 

 

 

容量が小さければ小さいほど

高くなります。

1kwの単価が高くなります。

 

今、5KWの太陽光発電

付けようとすると

上記に示したように

 

1kwの単価 34万円となります。

 

この34万円をいかに

安くするかによって

太陽光発電システムが

安くなるかに繋がります

 

何故、

太陽光発電システムを安く買う

のでなくて

安くするかという事に意味があります。

 

 

買取価格を上げるには

 

ポイントは

システムを安く買う事

電力買取金額を上げる

ことです。

 

安く買う事は、数社の代理店の

見積もりの中から、

一番安い会社を選べば良いのですが

 

選ぶ時の注意は、良い会社を

選ぶことです。

 

買取価格を上げることは

発電能力を上げることです。

 

発電能力を上げるには、

発電するkwを考える事と

発電する条件を考える事です。

 

それで5kwと9.9kwの大きな

違いが出てきます。

 

詳しい事は、次のブログで書きます。

 

 

 

https://