ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

住宅を買う為のまず一歩

住宅ローンの借り方

 

もし、家を建てたり、改築しようと思った時

自己資金が潤沢にある方は関係ない事ですが、

一般的には、住宅ローンを使って家を購入したり

改築するようになると思います。

最新版 住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?

 

住宅ローンはどこで借るの?

もし、借りようと思った時には、

どこに行けばいいのと思われ事でしょう。

 

意外と、簡単なのは、ハウスメーカーです。

特に、大手のハウスメーカーは独自のシステムを

持っていて、住宅ローンの紹介までやって頂けます。

 

街の工務店さんでも、特定の銀行さんとつながりの

強いところは、特定の銀行では無理もききます。

 

もし、自分で銀行を探そうと思った場合は、

銀行のローンセンターに行くのが一番良いと思います。

かなり、分かりやすく説明してもらえます。

 

ローンセンターの無い地区では、銀行の窓口に行って、

「住宅ローンを相談したいのですが」と言えば

住宅ローンの係りの人が、相談にのってくれます。

 

もし、知り合いの不動産屋さんがいらしゃるなら、

不動産屋さんにお願いするのも良いと思います。

不動産屋さんは、仕事の関係上、銀行とは親しいものです。

 

改築なら、日本政策金融公庫で借りるのも

良いかもしれません。

予約を取って、相談に行かれると、スムーズに

相談できると思います。

 

金利は、各銀行で異なりますので、

色々な、安くなる方法もありますので

まず、相談されるのが良いと思います。

 

 

銀行は敷居が高い?

銀行は、自分には、敷居が高いと思われませんか?

そんなことはありません。

 

銀行も、ローンを借りて頂ける人は、

「お客様です」

お店で、パンを買うつもりで、行って下さい。

 

もし、断られても、銀行は一社ではありません。

信用組合も信用金庫もあります。

 

 

ローンを借りる時に重要な事

ただ、お金を借る場合、一番問題になるのは、

定期的に一定額の収入額があるかが大きいと思います。

もし、借りるのに収入が足りなければ、

 

もし、自己所有の不動産があれば、その不動産に

抵当権を設定してお金を借りれば良いと思います。

ただ、査定額は、自分が考えられているより

かなり、低くなると思います。

 

その地区の相場でなく、公示価格が元になります。

 

連帯保証人は、余り考えられない方が良いと思います。

今の時代、なかなか連帯保証人になってもらえる

ことは難しいと思います。

 

借りるところはどこするか

ハウスメーカーに頼むとローンや保証は充実していますが、

価格は高くなると思います。

 

工務店に頼むと、価格は安くなりますが、

色んな面での不安は残ります。

 

自分に合った、ローンの借り方や、借りる所は

やはり、まず、自分でさがす努力が必要です。

 

 

https://