ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

太陽光発電の手続き変更の大変さ

 

f:id:masa550427:20190404191807j:plain

太陽光発電設置の申請を以前業者に頼みましたが

書類作成の申請がなされているいないで、大変な事に

なりました。

 太陽光発電申請変更について

まず、申請は、販売業者がやるのですが、

他の設置業者に委託している場合には、

設置業者と受注業者が違う事になり、とっても

ややこしいルートとなります。

 

もし、何かがあり、他の業者に変えようとする時は

大変な労力がかかります。

 

まず、申請して、本当に国の許可を取っているかを確認するだけでも

かなりの手間がかかります。

 

 系統連携の案内は認可ではない

電力会社から系統連系に係る契約のご案内が来ますが。

これは、太陽光の認可が出ているわけではなく、

電力会社から業者への電気工事や契約の準備が出来ていると

思った方が良いです。

 

 認可は政府の委託機関で行われる

全ては、JPEA(太陽光発電協会)が代行でやっています。

パスワードや認可番号は本人が確認するのもかなり時間がかかります。

 

もし、太陽光の設置業者を途中で変えようとしても大変な

労力がいると思います。

 

電力会社やJAEAに問い合わせをしても、設置代理店に聞いてくれと

いうことになります。

 

認可番号は本人でさえ見るのが大変

免許証や申請書を提出して本人が確認しようとしても

最低2ヵ月くらいはかかりそうです。

 

そうなると、もし、太陽光の設置する業者との何らかの

もめ事があった場合

解約して、申請をもう一度出して許可もらうまでに2~3ケ月待つか

キャンセルせずに我慢してその業者で設置するしかなさそうです。

 

実際、そういうことを経験したこともありますので、設置業者の選定には

注意した方がよさそうです。

 

 

 

 

https://