安くて、安全で、快適な家を 作りたい ページ コンテンツ

安くて、安全で、快適な家を 作りたい

家を、安く、安全に、快適に改築をめざす おやじの奮闘記

太陽光発電のオール電化によるエネルギー費の削減

オール電化にすることが 太陽光発電を最大限生かす事になります。

f:id:masa550427:20190326234924j:plain

オール電化のメリットは

1.ガス代の節約

2.電気代の節約の2つになります

 

 

ガス代節約となる

今まで、オール電化の家に住んでいて、リ―フォームのためにアパートに

移りました。

 

前は、ガスを使っていないので、ガス代の請求書を見てびっくり

都市ガスでないので、プロパンは、余計に高いと思いますが

 

なんと、1ヵ月1万3000円の請求書です。

ウッ( ノД`)シクシク…高い

なに2か月分とな・・・良かった

オール電化の家はガス代0円でした。

 

電気代も節約となる

エコ給湯を使っていないのでお風呂を沸かすのと

クッキングヒターは消費電力が高いです。

電気代は、40Aが20Aに変わって基本料金は安くなったのに

また、びっくりΣ(゚Д゚)

 

前は1万3,000円でしたが、な*ん*と*1万6,000円です

太陽光発電売電価格メリットで、太陽光売電も入ってました。

が・・・・・・・・・・・

今は、太陽光売電収入が無くなって三重苦です。

4.3kw太陽光発電による収入

太陽光発電による差額

ガス代     6,500円

電気代差額   6,000円

発電収入   13,000円

合計       25.000円/月

年間      300,000円/年

10年間    3,000,000円/10年

これが4.3kwの太陽光パネルで買取価格46円の時に導入した

太陽光の収入です。

太陽光発電が純利益になる年数

補助金が出て7年目くらいから売電収入が全て利益となっています。

今は、パネルも半額以下になっていますが、買取価格も約半額になっています。

それでいくと買取価格は8年前の6割くらいの利益になっています。

 

今度、9.8kwのパワコンに15kwくらいのパネルを載せれば利益が出て

5年くらいでローン返済ができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

https://